読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGICMA

僕の思想とミニマリズムとライフハックを垂れ流す自由なブログ。

学歴フィルタは必要?学歴差別って超平等な制度だと思った話。

 

f:id:sudokeiji:20160224203338j:plain

はじめに

現代の日本において、就職活動を行う際に、俗に「学歴フィルタ」などと呼ばれる一定ランク以下の大学の学生を書類審査の時点で落とす企業が多くあることは周知の事実だ。企業側は沢山いる就職を希望する学生から比較的学力の高い学生を選び出し、選抜の手間やそれにかかる資金の節約を目的としている。

しかし、この「学歴フィルタ」についてはインターネット上で多くの議論が交わされており、反対派も多くいる。「偏差値が高い人間が企業でも役に立つとは限らない」、「偏差値が低くとも優秀な人材は多く存在する」などが主な意見である。

僕は、学歴フィルタについては全面的に賛成派である。というか、むしろ無いほうが不自然だし、学生と企業の双方にデメリットがあるんじゃないかと考えている。

以下にその理由をまとめたいと思う。

 学歴フィルタは必要か

「高学歴は仕事ができる」は概ね正解

それでは、反対派の意見である「偏差値が高い人間が企業でも役に立つとは限らない」、「偏差値が低くとも優秀な人材は多く存在する」について考えてみよう。

まず、僕はこの意見はどちらも正しいと思う。確かに、東大卒でも就職してみれば全然役に立たない人はいるだろうし、中卒でも天才的な能力を持ち、社会で活躍できる人は何人もいるだろう。

しかし、だからと言って「学歴フィルタ」が不要であるかといえば答えはNOだ。なぜなら、「高学歴は仕事が出来る」ではなく、「高学歴は仕事が出来る可能性が高い」のだ。同じく、「高学歴でない者は仕事が出来る可能性が低い」のであって、そこに少数的な例外があったとしても変わりはない。

「面接さえも受けられないのは不公平だ。個性を見てくれ」という意見の学生もいるが、僕からすれば何を甘いことを言っているんだ、と感じる。そもそも、数年前の受験時には多くの学生がわずかな偏差値の差を気にして少しでも偏差値の高い大学に入ろうと努力を重ねていたはずだ。それが、就職活動を始めるとなれば態度を一転させ、その時の努力は無視し、一斉に横並びにスタートさせてくれ、というのはあまりに無茶な話ではないだろうか。

人事担当者も責任は取りたくない

あなたが企業の人事担当者であった場合、社員採用において大きな目的は優秀な学生を獲得し、社内での評価を得ることだ。また、もし採用した学生に問題があった場合、採用を決定した理由について説明責任が発生することだろう。この場面において、「採用した学生が一流大学卒で、優秀であると考えたから」という理由は使いやすい。自身の独断で、性格が良さそうなどと考えて学歴フィルタを通過できない学生を採用した場合、自身の責任は重い。

高学歴であるということは、厳しい入学試験を潜り抜けてきた証拠であり、いわば努力の証明書である。そのため、しっかりと働いてくれる、という期待を持ちやすいのだ。

学歴フィルタが無くなった際のデメリット

では逆に、学歴フィルタが無くなった場合を考えてみる。

今まで学歴フィルタがあり、一定ランク以下の大学は面接すらしなかった企業でも、すべての大学に対して面接を行うとすると、企業側は当然それにかかる資金や時間、人員が増大する。しかし、学歴を重視する企業ならば、採用する学生の出身校は一流大学卒の比率が高くなる。その結果、元々学歴フィルタでふるい落とされていた学生はそのほとんどが不合格になり、面接を受けるための資金や時間が無駄になると考えられる。

そのため、結果として企業と学生の双方にデメリットが生じる。採用試験において学歴を重視する企業には、中途半端に採用させる雰囲気を匂わせるよりも、最初から採用できないことを伝えてもらった方が学生にとって痛手も少なく、次の企業にシフトできてむしろ助かるのではないか。

まとめ

今回は、しばしば議論されている学歴フィルタに関する僕の意見をまとめてみた。一つ確実に言えることは、現代の日本における多くの企業では新入社員を採用する際に「学歴フィルタ」なるものが存在し、一定ランク以下なら採用試験を受けることさえ叶わず、門前払いされてしまうということだ。確かに、学歴フィルタは一人一人の個性や特徴を見ることなく決定される冷酷な判断方法なのかもしれない。しかし、そういうものがすでに存在する以上、文句を言ってもその現状が大きく変わることはない。それなら、その現状を上手に使い、自分を売り込むことが大事なことではないだろうか。

 

広告を非表示にする