読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGICMA

僕の思想とミニマリズムとライフハックを垂れ流す自由なブログ。

憧れの先輩ブロガーが読者登録してきたときの緊張感は異常。

f:id:sudokeiji:20160303174538j:plain

 

はじめに

最近、少しずつではあるがこのブログの読者が増えてきている。ありがたいことだ。

 

僕みたいな弱小ブロガーは、はてなのお知らせから「〇〇さんがあなたのブログの読者になりました」なんて言われると、とりあえずその人のプロフを見に行ってお気に入りに追加して、その人のブログ見に行って最新記事にスターつけて記事巡回して面白い記事があったらブクマして……そんな作業がひとしきり落ち着いてPCの前で小さくガッツポーズなんかしちゃったりするわけだ。

 

 

てなわけで、読者が増えるのはものすごく嬉しい。嬉しいのだけれど、もしその相手が月間何万PVとかのブログを運営しているけっこうすごい人な場合、僕は嬉しさと緊張感が混じり合ったちょっと複雑な感情になるわけで……これ、みんなそうだよね?

見られている緊張感

 僕は、ブログ歴1ヶ月未満のひよっこのペーペーのすっとこどっこいなわけで、記事を書く文章力もまだまだ未熟だ。そんなブログを読者登録したということは、拙い文章ながらもこのブログや記事のどこかに魅力を感じ、次も面白い記事が読めるのではないかと期待してくれているということだろう。

 

僕も人並みの感情は持っている為、何十人の読者がいるからには、それなりに読んで良かった、面白かったと思われるような記事を書きたいと思っている。

しかも、その思いは上で述べたような先輩ブロガーだと特に強くなる。

 

そうすると、変に読者目線を意識しすぎてしまって、自分らしい記事が書けない、ということが起こりうる。読者なんかほとんどいなかった今までは、けっこう好き勝手に適当に自分の思ったことを垂れ流していただけだったのに。

 

その結果、今までの垂れ流しが面白かった人は無難にまとまった量産型の記事を見て静かに読者登録を外して去っていく。こうなっちゃうとなんだか本末転倒だ。

 

変に意識せず、今まで通りにやっていくのが一番なんだろうけど、それがなかなか難しい。いっそのこと、PVとか読者数とか一切確認しなければよかったのかもしれない。

 

僕自身、ブログを始めた理由は

  1. 価値観の近い人と交流したい
  2. 文章力を鍛えたい

の2つが主な理由であるから、お金を稼いだりアクセス数を増やすことにはあまり関心がない。(一応Google adcenseの広告も貼っているけれど、ほとんど力を入れていないため、1ヶ月あたりの利益はたぶん缶コーヒーも買えないぐらい) だから、元々考えていたそこらへんの目標を意識しながらこれからも続けていきたいなーと思う。

 

まとめ

というわけでこれからもあんまり読者目線を気にせず、自由なことを書いていこうと思う。文章の書き方は気にするけども。読みやすい文章を書けるようにこれからもだらだらと頑張りますのでどうぞよろしく。

広告を非表示にする