読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGICMA

僕の思想とミニマリズムとライフハックを垂れ流す自由なブログ。

〇〇女子という言い方にものすごく違和感を覚える話。

f:id:sudokeiji:20160304152828j:plain

はじめに

最近流行ってますよね。「〇〇系女子」とか「女子会」みたいな言葉。主に20代から40代の女性が使っているイメージ。

僕が古い考え方というか、流行に疎いだけなのかもしれないけど、こういう「〇〇女子」みたいな使い方にものすごく違和感がある。いや、むしろ違和感というよりも見苦しさとか気恥ずかしさを感じてしまい、まともにこれらの言葉を読み上げることすら出来ないと言っていい。

なぜ、こんなに僕は〇〇女子に嫌悪感があるのだろうか。

 どこまでが「女子」と呼べるのか

多くの人が「女子」と聞いて思い浮かぶイメージは、「若々しく、かわいらしい女の子」の姿であろう。一般的によく使われる語句で例えると、「女子高生」や「女子大生」などの言葉は一般社会に浸透しており、これらの言葉に異議を唱える者はおそらくいない。

女子アナ」という言葉も広く使われている。女子アナは厳しい試験を潜り抜けた強者ぞろいであり、大抵若々しくてかわいらしいので、これも「女子」という言葉のイメージにに該当していると言えるだろう。

しかし、これが大してルックスが秀でているわけでもない30代の女性が「私たちは女子だ」と名乗り始めるとどうだろうか。おそらく、多くの男性はこのあたりから違和感を感じ始める。

最近、僕は「アラフォー女子会」なんて言葉を聞いて思わずめまいがした。たった7文字で大きな矛盾が発生していることになぜ誰も気が付かないのだろうか。

メディアに踊らされる「女子」たち

 このような異常とも言える状況が平気でのさばっている背景には、マスメディアの大きな影響が考えられる。メディアで毎日のように「〇〇女子」という言葉が使われ続けることにより、そのような言葉の使い方が普通のことである、というふうに洗脳されていく。

なぜメディアがそのような流行を作り出すのかというと、それによって儲けを生み出すことができるからだ。流行に乗り遅れることを恐れる「女子」たちはその業界に多量のお金を落とす。メディアに踊らされた「女子」たちはその業界において、いい「お客さん」ということだ。

男には「〇〇女子」受け悪い

ハッキリ言って、多くの男にはメディアに踊らされている「〇〇女子」はウケが悪いんじゃないか。高そうなカフェで友達とパンケーキ食べてその様子を自撮りしてSNSにアップロードする「女子」が僕は痛々しくて見ていられないし、多くの男も同じ考えだと思う。

頭が悪そうだし、流行に乗ることに必死な姿は自分の信念を持っていないように見られる。なにより、自分は若々しくてかわいいでしょ?というアピールをしているように見えてうっとうしい。

といわけで、世の20~30代の女の人にはぜひとも「女子」ではなく美しい「女性」を目指してほしい。

まとめ

というわけで、僕が「女子」という言葉に違和感を覚える話をまとめてみた。

男も女も、流行に流されず、自分らしく生きてほしい。

広告を非表示にする