読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGICMA

僕の思想とミニマリズムとライフハックを垂れ流す自由なブログ。

バンカーリングホルダーはスマホ操作を快適にする魔法のアイテム。

はじめに

僕はスマートフォンにはあまりアクセサリーを付けたくありません。

せっかくデザイナーさんが軽さとか持ちやすさを求め、極限まで最適化してくれたデザインを分厚いケースやストラップをつけて台無しにするのは意味ないなー、と思っていたからです。

 

そんな「スマートフォンにはアクセサリーを付けたくない派」の僕ですが、1ヶ月ほど前に機種変更をしまして。HUAWAI社の「Ascend mate 7」です。

このAscend mate 7、機能に不満はないのですが、画面サイズが6.0インチということもあり本体が結構大きいんですよね。iphone 6 plusとほぼ同じ大きさなんですが、片手で持って快適に操作するのはなかなか難しい。

僕は身長が180cmを超えてるので、手もそれなりに大きいのですが、それでもこのスマホは持ちにくく感じます。なんとか大きなスマホでも快適に操作する方法はないか、と探していたところ、「バンカーリングホルダー」なるものがあるらしい…ということで探して購入し、使ってみると予想以上に快適だったので紹介したいと思います。

レビュー

購入したバンカーリングホルダーはこれ。東急ハンズにて1000円ほどで購入しました。

特徴①:見た目はダサい…

購入前から「見た目がダサくなるんじゃ?」と気にしていた部分ではあったのですが、やはり結構目立ちます……。

暑さが5~6mm程あるので、横から見ると存在感があります。

快適さと引き換えなので、多少はしょうがないと思っていたのですが、予想以上でした。僕の場合はスマホ本体とバンカーリングホルダーの色も合わせていなかったので、余計に目立ちます。

購入するときは、本体とリングホルダーの色を揃えることを強くオススメします!

特徴②:快適性は数段アップ!

いきなり悪いところを紹介してしまったのですが、それに勝るメリットがあります!

最も大きいメリットは、片手操作の快適性が格段にアップしたこと。

電車に乗るとき、片手はつり革、もう片手でスマホをいじるときなど、どうしても片手でスマホを操作したい時がありますが、バンカーリングホルダーを付けていると操作の安定性が違いますね。

スマホを落とす心配もなくなるため、衝撃保護のために着けているケースもいりません!

特徴③:寝ながらスマホが快適!

僕はよく寝る前にスマホで好きなブログを巡回したりするんですが、仰向けでうとうとしながらスマホを操作してると、顔の上にスマホを落としそうで怖かったんです。

バンカーリングホルダーを付けてからは、スマホを落とす心配がなくなったので、寝ながらスマホがとても快適になりました!ついつい長い時間、スマホを触ってしまいますね。

特徴④:写真撮影に便利!

スマホで写真を撮影するときにも、バンカーリングホルダーは威力を発揮します。建物から身を乗り出して風景を撮影するときなど、今まではスマホを落としてしまうのが怖かったのですが、バンカーリングホルダーがあるとスマホを落とさないため、今までよりも自由に写真を撮ることができます!片手でも安定して撮影できるので、自撮りにも向いてますね。

総評

バンカーリングホルダーはハッキリ言ってダサいと思います。デザイン面を優先する方にはあまりオススメできません。ですが、快適性は間違いなく数段アップします。片手でも難なく操作できるようになったので、もう僕はバンカーリングホルダーなしの生活は考えられません。

ずっと使っているとなんだか愛着がわいてきて、ダサカッコイイぐらいには感じられると思います。片手でスマホが操作しにくい……。と考えている人はぜひ一度検討してみてください!

以上、「バンカーリングホルダーはスマホ操作を快適にする魔法のアイテム。」でした!

広告を非表示にする